女性の脱毛症と遺伝の関係とは

脱毛症は遺伝すると言われることがあります。
その脱毛症の遺伝関係については、男性と女性で多少違うようです。

 

遺伝することがある女性の脱毛症

女性の脱毛症の中には、遺伝が関わるものがあるとされています。
とはいえ、それはごく一部です。

 

というのも、女性の脱毛症の多くは、びまん性脱毛症です。
これは、基本的に女性掘ホルモンのエストロゲンの減少が、
髪の毛のボリュームダウンを引き起こします。

 

しかし、まれに男性ホルモンの影響を受けてしまう種類があります。
その中の一部に、遺伝と関係すると言われるタイプがあるのです。

 

男性ホルモンと脱毛症の関係

なぜ男性ホルモンが脱毛症につながるのでしょうか。
それは、男性ホルモンであるテストステロンがキーになります。
このテストステロンは、微量ですが女性にも含まれてます。

 

そのメカニズムはこうです。

 

まず、テストステロンが体内で還元され、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わります。

 

この「ジヒドロテストステロン」は、発毛細胞を抑制する作用を持っており、
これらが十分な髪の成長をさせなくさせるのです。

 

とはいえ、通常はジヒドロテストステロンの影響は、
ほとんどないと考えていいでしょう。

 

しかし、遺伝的にジヒドロテストステロンが過剰に生成されてしまう人は例外です。
この場合、テストステロンの作用が足らなかったり、加齢のためにその量が減少することで、
ジヒドロテストステロンが増え、抜け毛につながってしまうのです。

 

血液検査でわかる

こういった遺伝による脱毛が気になる人は、血液検査を受けることをおすすめします。

 

その際には、ジヒドロテストステロンと女性ホルモンの2つを、
検査項目に必ず付け加えてください。

 

その結果によっては、脱毛症が起こる可能性があることを、受け入れなければいけません。
例えば、ジヒドロテストステロンがとても多い、または女性ホルモンの極端に少ないという場合です。

 

しかし過度に心配してもいいことはありません。
早めに知ることで、適切な対策も打ちやすくなるメリットもあります。

 

また、その結果よっては、
生活習慣の乱れによる一時的なホルモンバランスの崩れが、
その原因だと仮説を立てることができます。

 

いずれにせよ、血液検査を行うことで、
今後の脱毛症に対する対処が分かるかもしれません。
つむじが薄い女性