頭頂部が薄毛女性にはこの育毛剤を

頭頂部が薄くなるのは若い人もいますが、どちらかと言うと40代以降が多いようです。
頭頂部が抜け毛などで薄毛になる原因とどうすれば薄毛を改善できるかを説明します。

 

頭頂部の薄毛の原因は主に3つになります。
それは、女性ホルモンの減少、頭皮の血行不良、そして毛母細胞の衰えです。

 

なぜ、女性ホルモンが減少するのか、についてですが、
女性には卵巣がありますが、卵巣の機能が低下するのは女性ホルモンが減少するからです。

 

 

頭皮の血行不良が頭頂部の薄毛を招く

頭皮にある血管から毛母細胞に栄養素を供給していますが、
血行が悪くなると髪の毛に栄養が届かないので抜け毛や薄毛になります。

 

また、頭皮の血行不良が毛母細胞の機能低下を招きます。
そのため、毛母細胞は髪の毛の根元で、代謝が低下すると発毛サイクルが
スムーズに行われないので薄毛の原因になります。

 

シャンプーのし過ぎをさけること

シャンプーをし過ぎるのは良くありません。
洗い過ぎると頭皮に必要な皮脂分までが失われ、頭皮が乾燥して薄毛の原因になります。

 

薄毛対策で必要なのはホルモンバランス

薄毛対策には女性ホルモンを補給するようにしましょう。
そのためには食事でホルモンバランスを整える効果がある栄養バランスがとれた食生活をすることです。

 

ストレスは薄毛の大敵

ストレスが溜まると頭皮の血行がスムーズにいかなくなり薄毛になります。
できるだけリラックスしてストレスを溜めないようにしましょう。

 

頭皮の血行不良を改善して毛母細胞を活性化する

頭皮にある髪の毛のもとになる毛母細胞が働かなくなると薄毛や抜け毛が進行します。
毛母細胞は髪の毛に栄養素を送る役割があり、それが出来なくなると薄毛になります。
頭の血行を良くすることと、必要な栄養素を食事やサプリで補うようにしましょう。

 

女性に多いとされる「びまん性脱毛」とは

女性特有の薄毛症状として、「ぴまん性脱毛症」というものがあります。
これは、男性にみられるような髪がごっぞり抜けてしまうような症状と違い、
全体的に髪が細くなったり抜けやすくなることで、髪の毛の量が減ってしまう症状です。

 

 

びまん性脱毛の特徴

そもそもぴまん性とは、医学的には、病変の起こっている部位が
特定の部位に限られないという特徴のことを指します。
この特徴が脱毛に当てはまる場合、特定の部位ではなく、
全体的に髪が薄くなってしまうことを言うのです。

 

恐ろしいのは、男性に見られるような髪の毛なくなってしまうものとは違い、
全体的にだんだんと薄くなっていくため、発見が難しい点です。
気づいた時には、かなり症状が進行している可能性があるのです。

 

また、髪の毛の量だけではなく髪の毛の質も落ちてしまうので、
髪の毛が痛みやすくなるなど、美容面でも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

びまん性脱毛の原因

ではこのまん性脱毛の原因は何でしょうか。
それは、ホルモンバランスの乱れが一番に考えられます。
そのメカニズムはこうです。ホルモンバランスが崩れると、
最初にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少します。

 

エストロゲンとは、髪の毛を育て成長を促す機能があるのですが
これが減ってしまうことで、健康的な髪の毛が生えにくなるのです。
その結果、髪の毛の量や質が低下してしまいという具合です。

 

このようなホルモンバランスの乱れは、
生理の時や、妊娠や出産の際に起こりやすいとされています。

 

また、加齢がホルモンバランスの崩れにつながることもあります。
というのも、一般的な女性のエストロゲンは、30歳前後から減少し始めると言われているからです。

 

実際には、閉経に向かってゆっくり減っていくとされており、
更年期になるとそれがさらに加速してしまいます。
それが要因となり、年をとるにつれて、びまん性脱毛になる可能性も高まってしまうのです。

 

 

その他にも、生活習慣の乱れが原因になることもあります。
生活習慣の乱れが心身のストレスになり、それがホルモンバランス崩してしまうのです。
ですから、食事や睡眠、運動についてなど、生活習慣を全体的に見直して改善するといいでしょう。

 

 

びまん性脱毛のケア

ここまで見てきたように、びまん性脱毛の根本原因には、
加齢というのが大きく関わってきてしまいます。
ですから、完全な対策法があるというわけではありません。

 

しかし、普段の生活を気をつけることで、それに対して少しでも対抗することは可能です。
それには、頭皮環境を整えることが最重要ポイントになります。
具体的には、頭皮にストレスをなるべく与えないことです。

 

例えば、頭髪料をつけすぎないことや、
カラーリングやパーマを頻繁に使うのを控えるなどの対処ができるでしょう。
このように、なるべく頭皮に少し手も負担をかけないことです。

 

 

また、紫外線にも注意を払いましょう。
紫外線というと日焼けを気にする人も多いと思いますが、それ以上に頭皮への影響を考えるべきです。

 

なぜなら、薄毛になると髪の毛が多い時よりも頭皮に紫外線が大量に当たる可能性が高いからです。
紫外線が頭皮に直接あたると、頭皮は乾燥し、ターンオーバーを乱してしまいます。
ですから、外出時には帽子を被るようにするなどの工夫が必要です。

 

 

最後に、食事についても工夫をしましょう。
工夫といっても簡単で、糖分や油分が多く含まれる食品を食べる量を少なくするだけです。
糖分や油分を多く摂ってしまうと、皮脂の過剰な分泌を招くことになり、
頭皮の毛穴を詰まらせるなど、頭皮に良いことはほとんどありません。

 

ですから、糖分や油分を控え、その代わりにビタミンやミネラルを含んだ食品を積極的に食べましょう。
その中でも、抗酸化作用がある成分が入っている食品を選ぶとなお良いでしょう。
頭頂部が薄い女性の場合は、日常生活でできることから気をつけていきましょう。

 

 

更新履歴